● BMW E46 328i




                              












nonママ号の壁紙☆☆★ W1260 × H820








★☆ 最新の nonママ号 ☆★
 

 

 

  本人が選んだホイール♪

  デザインは誰も履いていないのがいい〜☆
  でもBBSの方が軽いなぁ・・・と悩んでいました。

  HARTGE CLASSIC 17-8.5J
  P-7000 F 225-45 17
  P-7000 R 245-40-17

  インナーはこれまた本人が チョイス したサテンシルバー。
  ウインカーもクリスタルに変身〜☆
  無論、エンジェル・アイも装着♪
 

 

 テールランプ01

 

 

 

 ブルーヴィジョンバルブ〜☆
 Fisco のくじ引きで当たったやつです(笑

 そして KENちゃんチューン(写真施工前)も実施☆☆★

 パワープーリー交換は こちら





     nonママ号

     大自然との Photo の旅〜☆ by 2004/05/02
     nonママ号

     仙台大作戦 !? の巻き〜☆ by 2004/06/11
     nonママ号

     仙台 牛タン食うぞぉ〜の巻き〜☆ by 2005/08/20
     nonママ号

     松島一の坊 &
     ホテルロイヤルパーク一泊の巻き〜☆
 by 2006/10/26〜28



● E36から乗り換えた訳だけど、とってもいい
  車だよね。
  ただ、ちょっと不満も・・・・・

  0〜120km/hまでの加速は勝っているが、
  そこから140まではギヤ比の関係でトップで
  早くから引っ張るから、かったるい感じ。
● うちのE46は他の同車種とちとちがうの・・・
  足回りを本国で クーペ と同じに変えてある。

  E46とE36を比較すると、足回りは"E36"が最高!!
  だから、元々E36よりはソフト仕上げとなっている
  E46だけに、本国改造しても少しもの足りない。



チューン by KELLENERS Sport

    コンピューター
    マフラー
    エアクリーナー
    ストラット・バー
● コンピューター ROM
    自動変速機レブ変更 (車種による)
    リミッターカット
    点火時期
    インジェクター燃料噴射量



● マフラー 70φ×2

 車検対応ながら心地いい低音が響く。
 排気効率がしっかりと計算されており、単体
 でもパワーアップ♪ コンピューターチューン
 を後押しし、パワーも更に厚みを増している。


 


● ストラット・タワーバー(中央離脱型)写真は上方参照☆

 ボディーをガッチリと固定。
 ゆがみを感じず、俊敏にステアリング
 に対応がうれしい。
 150km/hのコーナーも、まるで60km/hの
 コーナーリングのようにスイスイと。
 元々脚には定評があるが、更に磨きが掛かる。

 更に、タイヤはP7、P700、P700Zの流れを汲む
 正規後継者の P7000★ ウェットでも良く効く。





● エアロパーツ

 リヤウイングだけの時、高速走行でリヤヘビー・フロントの軽さを感じ、
 E36と比較し違和感を憶えた。
 フロントはそのために取り付けた。とってもマッチング、いいバランスとなる。
 サイド&リヤアンダーは勢いというか、トータルコーでねぇ〜と♪




ぷっぷ。 ノーマル〜♪(笑い)


 E36 328 vs E46 328 比較

  いまさら・・・というこの2台である。
  E36-328 は中古、E46-328 は330というエンジングレード登場でやはり入手は中古に他ならない車種と
  なっている。
  しかし、BMW同士で且つ同じシリ−ズ&同じ排気量で比較も面白いかと。中古購入時、スタイル以外で
  お悩みの方に参考になればとの願いを込めて。そして、今お乗りの方の場合、なるほど〜と喜びのひと
  つになればと。

 【ルーム装置類】

  ・間欠ワイパー
   E36 は、間欠に関してはレバーで決められた間隔1つの選択しか出来なかった。
   それも少し遅めであることから、小雨等頻度を多く求めないながらも、固定間欠では視界が悪化して
   1回作動レバーの多用となっていた。

   E46 では、ダイヤル式に4段階の選択が可能となった。これは乗り換えた時にありがたいと思う1つ
   であった。

  ・フロント&リアフォグスイッチ

   E36 では押し込み式により、一度押しておけば次回のポジション灯点灯時も同時に点灯するモノで
   あった。ところが、リアフォグの場合、使い方を知らない、あるいはマナーの悪いドライバーは、通常
   でも押し込んだまま点灯し、走行している姿を他車も含めよく拝見した。 前期までは左右両灯点灯
   したが、後期からは片側のみ点灯となる。

   E46 はというと、タッチ式のスイッチであるため操作後も操作前と同じ位置に戻り、ポジションからOFF
   にすると、次回も押さないと点灯しない方法に変更されている。

   その他の特筆事項は無い。

 【足回り】

  これは大きく異なっている。
  E36 クーペの足回りは絶賛に値する。Mテクが導入されているからに留まらないのは後に知ることと
  なる。 私がBMWファンになったのも、このE36クーペの仕業なのであるが、ノーマルの4drにも乗る
  チャンスが幾度とあった。
  だが、驚いたのは、「これがあのBMWの足回り??」と驚愕したのである。 まったくの別物で軟弱さ
  を強く感じた。
  国産のスポーツカーからの乗り換えであったが、国産では、あんなにお金を掛けてやっと自分の好み
  に仕上げたのに、このE36 クーペは、どノ−マルでありながら、その前車を遥かに上回るコーナーポテ
  ンシャルを体感できたのである。まるでレールの上を走っているかの如く・・・。
  タイトなコーナーも、高速コーナーも限界を上回らない限り安定している。 アンダーも感じさせない程。
  ウエット路面の右折時、少し高いスピードであったか、オーバーテスアとなりカウンターを当て
  ざるを得なかったのが、アクセルは強気で適度に踏んだまま。 大きなテールスライドを予測した量で
  当てたつもりが、驚いたことに、カウンター当て始めてすぐにトラクションと姿勢が復活してしまった
  のである。 無論カウンターを当てに行ったハンドルの切った方向に走りだして慌てたのはいうまでも
  ない。 国産では必要な分であったのだが・・・
  走ってとても楽しい味付けと仕上がりの車である。

  E46 はというと、ソフト仕上げのコンセプトとなっており、顕著にその違いが分った。
  E46 の乗車していたのは4drながら納車前からMテクを注文装備しているものの、やはり腰砕け感を
  感じてしまう。高速に至っては、車線変更でも横にサッ!と行くE36 と異なり、外側のフロントが沈んで
  から斜めに変更とよっこらしょ♪と。大げさに聞こえるが、最初に受けた印象はこんな感じ。 このくら
  い差があるように感じたのである。 140以上においては、フワフワ感すら。痛烈にショックであった。 
  走りを堪能したいのであれば、どんなに妥協しても最低Mテクは装備したいものだ。
  私の場合、タワーバー、フロントリップ、リアウイングでかろうじて納得できる状態にしている。

 【動力性】

  これは好みによるかもしれない。

  ・エンジン

   E36 は、320クーペ(前期)から328クーペ(後期)に乗り換えたが、そのトルク感に驚かされた。
   エンジンに加えマフラーも可変式になっており、低中速ではデュアルの一方を塞ぎ、
   1本の排気でサイレンサーへとトルクアップを計り、高速域ではデュアルで排出となっている。

   E46 は E36-M3に採用されていたダブルVANOSを取入れており、低速からトルク感が出ていた。
   吹け上がりは甲乙付けがたい・・・が、やはり一歩 E46-328 が上・・・か?

  ・ミッション(オートマ)

   個人的には断然 E36-328 を好む。
   E36 の場合、140でサードにキックダウンしてくれて、それ相当の加速を約束してくれていた。
   リミッターも無く、230までは大きなストレスもなくたどりついてくれていた。
   240までは出たが針の動く量は苦しそうであった。まだ出た感じがするが、無念ながらチャンスがな
   かった。

   E46 、勘弁してよぉ〜と言いたい。
   1〜3速はクロス&ローギヤードで、E36 よりも明らかに早い。 が、120以下でないとサードにキック
   ダウンしてくれないため、その速度を僅かに超えているとずっとトップで引っ張ることとなる。
   よって、120〜140の中途加速はまったくをもって加速感が無く苦しい。
   4速は E36 E46 共に 1.000。ドイツ自主規制によりリミッターも210近辺(各車まちまちらしい)で
   動作する。

 −後記−
 スタイルはお好みで決められるが同じ排気量。
 しかし、外見以外にこんなに異なっていたのである。
 試乗では体験できない事柄が多く、随分と味付けが異なるのだなぁと記述して改めて思った。

 (速度記述はサーキット場において) 











 


現在は nonママ号として活躍中〜☆ nonママページへ nonママ♪Blogへ


■■■ メンテナンス状況 ■■■
1999/05/16   . 納 車      12 km
2001/10/04   . × 1気筒死ぬ インジェクターコネクター・カプラー交換   36,800 km  .
2001/12/20   . タイヤ交換 P7000-225-50   45,100 km
2002/05/10   .







1回目の車検
      パワステインテークライン交換
      マイクロフィルター交換
      ホースクランプ交換
      インテークホース交換
      ブレーキパット×4交換
      サイドブレーキパット交換
      オートマミッションオイル交換       
  46,000 km
2003/06/28   . × フロント足回り コントロールアームブッシュ左右交換   57,400 km
2003/07/05 リアタイヤ交換 P7000が無く、NewP7に   58,300 km
2003/07/18 高効率エアクリーナー清掃 ('02/04/04 取り付け)   58,600 km
2003/09/23 × 左リア ウインドー修理('99/10月 にも有り)   58,900 km
2003/09/30


アブソーバー交換
      ビルシュタイン−ショートストローク
      サスは既設Mテク使用
  58,900 km
2004/01/02 高効率エアクリーナー清掃   60,100 km
2004/03/07



ホイール&タイヤ交換
      HARTGE クラシック
      F 17-8.5J ピレリーP7000 225-45-17
      R 17-8.5J ピレリーP7000 245-40-17
  63,100 km
2004/04/23   .






2回目の車検
      Cピラー内バリ交換
      マイクロフィルター交換
      フューエルフィルター交換
      バッテリー交換
      デフオイル交換
      Vベルト交換      
  64,000 km
2004/09/11


高効率エアクリーナー清掃
      ヘッドライト・バルブ交換(4,000K Blue-Vision H7)
      KENちゃんチューン
  68,300 km
2005/01/14


× エアバックセンサー異常
      助手席側座席センサー交換
  70,400 km
2005/06/03


高効率エアクリーナー清掃
  74,200 km
2005/08/22


REVO-Win 施工
  75,100 km
2006/04/08


高効率エアクリーナー清掃
  80,600 km
2006/04/28


ブレーキローター & パット交換
  81,400 km
2006/05/09   .






3回目の車検
      ブレーキオイル交換
      シリンダーヘッドカバーガスケット交換
      パワステインテークホース一式交換
      バノスオイルパイプシーリング交換
      エンジンオイルプレッシャーシール交換
      クーラントホース交換      
  82,000 km
2007/02/10


リアブレーキパット交換
プラズマスパーク装着
イリジウムプラグに交換 (交換目安 +12,000km)
  88,800 km
2007/03/03











タイヤ交換
      GOODYEAR  REVSPEC RS-02
      F : 225-45-17  R : 245-40-17


 【使用してみて】
  グリップが高く、ウエットでもかなり高性能。
  20,000km 走行にてリアが丸坊主。
  この時、フロントは6分山程度。

  難点…
  1,000kmを超えるとわだちを極度に拾うようになる。
  89,900 km
2007/04/07


高効率エアクリーナー清掃
  91,200 km
2007/10/07


高効率エアクリーナー清掃
  96,000 km
2007/11/11


アライメント調整 (えらくコケてました。)
  97,000 km
2008/01/02


スタッドレスタイヤ購入 (ノーマルアロエホイールに)
  98,050 km
2008/01/27


ファンベルトテンショナー交換
  99,200 km
2008/02/02




★大台記録★
  100,000 km
2008/04/26   .












4回目の車検
      ブレーキオイル交換
      クーラント液交換
      フューエルフィルター交換
      フロントウィッシュボーンブラケット(ブッシュ)交換
      バッテリー交換
      インテークベローズひび割れ交換

      【その他の推奨内容】
      ・ラジエター交換(水温上がるまでこのまま)
      ・パワーウインドーレギュレーター交換(壊れるまでこのまま)
      ・フロントボンネット BMW マーク(まもなく剥がれてしまいそう→別途低価のショップで交換)
      ・エンジンオイル液面計動作不良(このまま放置プレー)
  102,000 km
2008/06/25


高効率エアクリーナー清掃
  103,000 km
2009/01/05


高効率エアクリーナー清掃
  109,030 km


・オイルは ENEOS 最高級PROを 5,000km毎交換
・エレメントはオイル交換毎に交換
・エンジン添加剤はオイル交換毎
・ワイパーブレードは1年毎
・×印=トラブル系の意 




























My car life TOPへ〜☆


inserted by FC2 system