non☆'s HP



 マシン到着  



★ 納車日の朝                                           .

     \∩o∩/ わぁ〜い
     悔しいけど、ワクワクしすぎていつもより早起きしてしまったっ!!
     (つ〜か、本当は朝8時までに株主のところに行かなければならなかっただけ♪)
     帰宅後、納車予定時刻前に、その姿をいち早く見たい衝動に駆られ家の前に出てその
     方向を見つめている。
     たばこを何本吸い終わったころだろうか、見つめる地平線の湧き立つ蜃気楼の影から
     黄色ともゴールドとも取れる金色(コンジキ)に近いマシンがその姿を現したっ!
     「間違いない、あれだ♪」 と確認後、一目散に部屋へと帰る(大笑)
                             待ってたなんてかっちょ悪いやん・・・・
     購入時>納車日 につづく。。。


★ 搭 乗

     納車日のつづき
     真新しいキーで、新入りの相棒のドアロックを解除する。
     「ガシャ」 解除音は 4dr 328 と同じだ。
     が、異なるのは、その後しばらくセンサー作動音が続く。
     金色のノブを引いてドアをオープン。
     同じ形のノブだが、引っ張る方向は 328 が手前、M3 は斜め上となる。
     開ける引き加減はと言うと、4dr のそれよりも重い・・・かと思ったら、以外と軽い。
     E36 では重かったのだが・・・。

     中を覗くと、車体に合わせた キウイ・ナッパ の レザーシート が目に飛び込んできた。
     同じ E46 だけに、2 or 4dr だけの違いだけではと、あえて注文した部分なのであるが、
      異なるマシンを十分に演出 してくれている。


     シートに座ると残念ながら、いつもの慣れ親しんでいるコックピットの景色が飛び込んでくる。


     異なるのは、
     ●ナビの画面がパネルに収まり、空調関係のパネルが一段下に収まっている。
     ●ETC の表示窓がダッシュボード上に据えられている。
     ●サンルーフが通常の開閉に加え、ポップアップも出来る。更に、天井部が曇ガラスで
      内装だけの開閉も出来る♪ (まぁ、最近よくあるやつ♪)
     ●ハンドルが4本スポークから3本となり、簡単なスイッチが埋め込まれている。
     ●極めつけはスピードメーター。 マシンのポテンシャルをそのまま表すかのように、
      300km/h まで刻印されていた。 なんと180km/hが真上の僅かに右、時計の針ならば
      丁度1時の辺りに位置している。 この位置は、糸も簡単に通り過ぎる過程の通過点
      でしかないようだ。


     ●隣のタコメーター、なんと 9,000r.p.m まで刻印されており、8,000手前でイエロー、8,000
      から 9,000r.p.m までがレッドランプで点灯される。
      4,000r.p.m からインジケーター式に点灯されるようだが、これは暖気運転途中時の回転数
      の注意を表しており、暖気の油温に伴いイエローゾーンが減っていく。

↓↓↓ 暖気中のインジケーター ↓↓↓

        また、タコの8,000近くになるとイエローが逆方向に点灯を始め、7,900r.p.mでレッド点灯
      で知らせてくれる。

      ●最後の取っておきは、ギヤチェンジのシフト部である。
      
SMG と言って、これまでに例を見ないセミオートマのマニアルチェンジレバーが顔を
      覗かせている。 

     ●コックピット以外の特筆事柄は、このマシン、スペアタイヤが搭載されていない。
      トランクルームを開け、スペアタイヤハウスを覗くと、なんとそこにはコンプレッサーが
      収納されていた。 空気圧に異常があると警告、エアーはジャッキアップなく注入する
      ことができる仕組みになっている。

 

      パンクレスタイヤならクギの1〜2本程度であれば、空気圧補充で十分走行は可能であるが、
      バーストした場合は走行不能となる。が、その時はJAFでよい訳で。。。

     さて、シート、ミラー類を調整し、いよいよスタートキーをひねる。
     一段階でアクセサリー ON 、二段階でメーターインジケーター類 ON 、油温・燃料計、
     警報ランプ類が反応する。

     そして三段階、スターター始動〜☆


★ エンジンオン

     いつものセルモーター音「クックック」の後、
     クォ〜〜ンっ!!
     低音の効いた歯切れのいいエキゾースト音が耳を、そして体を貫く。
     ここからは、まったくの別世界であることを認識するには十分であった。

     ニュートラルの状態で軽くアクセルをあおり、レスポンスを確認する・・・・・・振りをして、
     実はマフラー音を堪能していたりする(笑)
     当然、慣らし運転 があるので、回転数はまだ 4,000r.p.m まで。。。

     さぁ〜て、いよいよマシンを走らせる。
     ブレーキペダルを踏み、シフトをNからローに入れる。


★ マシン始動

     オーマチックに慣れてしまっており、慣らし運転中により変速忘れによる高回転を避ける
     ため、 オートマモード に切り替える。
     メーターパネルにあるミッションロケーターが、ギヤ段数の脇がに変わる。R ぢゃないよ♪

 → 


     まずはソロ〜リ発車でブレーキ制動のテスト。
     ピタっ★ げげっ

     何という制動性なのであろう・・・・。そっと止まる程度にしかブレーキを踏んだ覚えが
     ないのに、強く踏み込んだ状態のそれではないかと思う程の効きの良さ♪
     これだから 100km/h から僅か約 2.6秒 で停止できるのか。。。と納得〜♪

     そして後方確認後、スロットを開け始める。
     うわっ♪
     僅か程度にしかアクセルを踏み込んでいないのにも関らず、快適なエキゾーストと共に、
     マシンを、体を、グワッ! っと前に押し出す感じ。。。
     吹けあがりが早過ぎて、アクセルを踏み込んだらすぐにシフトアップしないと4,000r.p.m を
     あっ と言う間どころではなく越えてしまう。そして考える間も無く次のシフトアップだ。
     アクセルは僅か 7mm 程度(感覚)ぐらいしか踏み込んでいないのに、考える時間も無く
     メーターは 60km/h を指している。 328 だとセカンドに入って 30km/h 辺りかな?
     と、そんな踏み加減と時間である。
     このマシンでは、ちょっとの加減はかなり厳しいらしい・・・・・。
     高いギヤでの対応・・・ということだ。。。

     しかし、慣らし中で一番スピード出ない状態なのに・・・
     まさか、これでも 328(改) に勝てる? かもしれないと思わせる程だ。

     早くこいつを全開にしたぁ〜いっ !!  (足バタバタ)

     乗り心地はと言うと、思いの他固いとは感じない。
     だが、ソフト仕上げのノーマル E46 と比較すると、Gがかかっても大きく沈まない・・・
     と言うより、沈みを体感せず、スルっとコーナーをクリアーしてしまう♪
     コーナー好きの体感ではこんな感じに思えても、フロントガラスに 328 と全く同じ機器を
     吸盤で取り付けたが、同じ道を走っていても時としてガツガツとガラスに当たっている。


     これは受けるサス等の強度の違いを物語っていた。
     ハンドルの操作性は思いのままにクイックリーである。
     Mテクのスポーツハンドルも、My Car3つ前の E36 クーペで既に慣れ親しんでおり、
     部分的に少し太くなっている握りのグリップ感がとてもしっくり。(10:10分辺り)
     クイックリーに車線を変更しても、フロントが沈むことなくサッ! と横に移動する。
     素早く繰り返せば、★分身の術★ なんてね。。。そりゃ無理だ(笑)
     但し、バネ下過重の重さを感じる。
     早くこいつでコーナーリングを楽しみたい〜☆  (にこにこ♪)


     1,000km までは慣らし運転だ・・・・・特にレベル3まではガマンなのだ・・・・・とほほ


★☆☆★ すっげぇ〜いいマシンです。。。∩o∩v〜☆ ★☆☆★

慣らし報告
   








★ 購 入 時 ★    .  ★ 慣らし運転 ★   .  ★ ちょっと日記 ★ 










inserted by FC2 system